困った借金をどうにかする裏技!裏ワザで借金返済の危機を乗り切れ!

困った借金をどうにかする裏技を紹介しているサイトです。
MENU

 

※こんな状況で悩んでいませんか?

 

  •  借金の督促や催促がありすぎてもうしんどい。
  •  もうどうにもこうにも借金が多すぎて返せそうにない。
  •  この借金地獄から逃れたい。

 

 このような状態になると本当にしんどいですよね。かつての私もそうでした。でも今では借金のプロから教えてもらった、この裏技で今は日々の生活を楽しく過ごせています。 

 

 もし私と同じような悩みを持っておられる方がおられるのあれば、少しは参考になると思います。借金の問題は絶対に解決できます。諦めないでほしいと思います。

 

 前置きが長くなってしまいましたが、私が困っている時に教えてももらった方法は2つありました。
 この2つの裏ワザを紹介したいと思います。

 

 

金融のプロから伝授。借金をチャラにする2つの方法

 

 

 

1 お金がかからない方法として、借金が時効になるまで待つ。
2 お金がかかるが、債務整理という制度を使って合法的に借金をチャラにする。

 

 

 

これらのメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。

 

 

 

1 お金がかからない方法として、借金を時効になるまで待つ。

 

 

 

 法律には時効という制度があります。簡単に言えば、サラ金などから借りているお金は5年間返済をしなければ借金がちゃらになります。でも時効を成立させるには、4つの注意点があります。  

@ 債務者からの裁判上の請求をされないこと

 

これは、一般的に送られてくる督促や催促の電話などではなく、裁判所をと通して正式に「金を返せ!」と請求されたときには時効で借金を整理することが難しくなります。これは相手方の判断になるの運がよければ、5年後には借金はチャラになる可能性があります。

A 指し押さえや仮押さえや仮処分をされた場合。

 

これをやられると1と同じく、時効がストップします。こうなると時効では難しくなると思います。

B 借金を払うことを認めない。

 

時効でいく!と決めたからには、どんな借金も返済してはいけません。時間がたってくると、借金を減額するのでここにサインしてほしいであったり、1000円でいいから払ってほしいというような連絡がくることもあります。これに応じてはいけません。これに応じた時点でまた時効がストップしてします。それは罠なので気をつけましょう。

C 時効を成立させるには文章を送り付けないといけない。

 

5年間払わなかったらから、やったー!これで借金から解放されるとおもったら大間違いなんです。時効を成立させるには相手側に「もう借金は払いません。請求しないでください」ということを言わないといけないんです。そして、時効に書き方があって、そのやり方を間違えると「時効」にはならないので、これは法律の専門家に頼まれた方がよいでしょう。 

 

 

 時効の方法はわかった。取立てからどう逃れるの?

 

 

 物凄い取立てが来ることが間違いないので、耐え切れずおそらく夜逃げを検討されると思います。

 

 私も、取立てから逃げ切ればなんとかなるのか?っと思っていましたが、実は、夜逃げでメリットがある人はすごく限られているんですね。 
 夜逃げの最大のメリットは借金を払わなくてもいいということですが、正直デメリットが多すぎます。本当に夜逃げできるのは身寄りのないホームレスか外国人ぐらいしか夜逃げの恩恵を受けるのは無理だということです。

 

なぜ無理なの?

 

それは、金融業者は金融業者はあなたの住民票をなどを簡単に入手することができるので、すぐに住所がばれます。

 

じゃあ住民票を移さなかったらいいんじゃないの?

 

 

 これが出来るなら逃げ切れる可能性がありますが、移さないとかなりデメリットがあるんです。

 

 まず、住民票を移していないと住所不定ということになるので、病気をしてもめちゃくちゃ高い医療費がかかります。もし風邪を引いて医者にかかると一回1万円ぐらいはもっていかれます。

 

 もし、田舎に逃げた場合、車を運転しないといけません。ということは免許書を更新が必要です。やっかいなのが、更新はがきが逃げる前の住所に届けられるので、そこから足がついてばれる可能性があります。

 

 もし子供がおられるのであれば、子供が学校に通うために住民票を提出しなければ通うことができません。
 もし結婚などをすれば、そのときに住所や戸籍を触らないといけないですし、普通に暮らすにはあまりにもデメリットが多すぎます。逆に普通の暮らしをしないと決心すれば、夜逃げで見つけられることなく逃げ切ることも可能かもしれませんが、いつもどきどきして暮らしていかないと、いけないので後々のことを考えるとやっぱりしんどいかなと。。 

 

 

 

 2 お金がかかるが、債務整理という制度を使って合法的に借金をチャラにする。

 

 

 

実は私はこちらの方法を選んで借金問題を整理しました。

 

 この方法は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に頼んで合法的に借金をチャラにしていく方法ですね。
 一度は聞いたことがあるかもしれませんが、自己破産という方法です。これをすればあれだけ沢山あった借金がちゃらになります。これは弁護士に任せればいいのでテクニックなどはないのですが、初めて聞いたときにかなり抵抗があったので、そのことについてまとめています。
 ちなみには私は、こんなことに抵抗がありました。 

 

・自己破産しても、結局借金取りがくるんじゃないの?

 自己破産が成立すれば、借金の取立てにくる人はいません。実際も来ませんでした。 
これは、法律上督促にきたら処罰されます。来ても通報してしまえばいいんです。そしてもっと大きな理由があって、そんなことをすると業者は「お金を貸すという業務ができなくなる」ので、そこまでリスクをとってまで取り立てに来る人がいないといことです。

・家族や親戚などに取り立てとかがいくんじゃないか??

 これも督促はいきません。連帯保証人になっているのであれば別ですが、借金をしている本人からしか借金は請求できません。もし家族に請求したりすると当然処罰の対象となります。何よりも業者が恐れているのが、業務の取り消しという処罰です。これがある限りリスクを取立てに来るというのはほとんどないです。私の場合も家族に督促はいってません。

・会社がクビになってしまうのでは?

 ならないです。自己破産を理由にクビにすることができないので、その心配はないでしょう。そしてもほとんどの場合がも会社にはバレないことが多いです。わざわざ自己破産しました!という必要がないですからね。

・引越しや旅行などができないんじゃ?監視とか付かないのか?

 引越しや旅行などはできます。特に監視などは付くことはありせん。日常生活を送る上で、自己破産が原因であまり困ることはないです。

 

 

 私は債務整理(自己破産) という手法で借金がちゃらになりました。弁護士費用がかかるのがデメリットだと思っていたのですが、分割払いで支払うことができたので、費用面で困ることありませんでした。

 

 弁護士に依頼した時点で督促もとまるし、後は任せていればいいので本当に楽です。時効の方法は5年間も督促を我慢しないといけないし、常にドキドキしながら生きていかないといけないので、しんどすぎます。それに比べて自己破産という方法は本当に楽です。

 

 ただ、最近は債務整理する人が多くて人気の弁護士に頼むが難しくなってきているようです。もし頼まれるなら早く行動されるほうがいいと思います。私が頼んだ弁護士を紹介しておきます。相談が無料で24時間受け、全国対応なので気軽に相談できました。一度相談するだけでもありだと思います。

 

 

名古屋で債務整理するなら、以下のサイトが参考になります。
【必読】債務整理を名古屋でしたい!安い弁護士や評判がいいのはどこ?

困った借金をどうにか解決した口コミ

働かない彼氏の為に作った借金でかなり苦労しました。
以前同棲していた彼氏はすぐに仕事を辞めてしまうダメ男で、その割に儲け話にはすぐ乗ってしまいかえって損をする、といった事を繰り返していました。勿論私が働いて生活費を稼ぐわけですが、浪費家の彼の支出についていけずにカードローンの借入額は増える一方でした。

 

借入額が200万円になった時に彼にもう無理だと話をしましたが、彼は悩んだ顔をはするものの、一向に働こうとはしませんでした。
母に相談しましたが実家も貧乏でどうする事もできず、私は債務整理を考えました。

 

以前自己破産した男の友人にある程度の話を聞き、ネットで見つけた「誰にもバレずに内緒の借金整理」というサイトで弁護士事務所に相談しました。弁護士の先生は私の様な場合は債務整理の中でも自己破産が適当だと言っていました。破産という言葉に抵抗はありましたが内容を聞くと、別に国民の権利を全部奪われるといった物では無いという事でしたので安心してお任せする事にしました。

 

裁判所に提出する書類作成の為に数社あった借入先と金額を書き、自分の収入や財産などを伝えました。彼は車を手放したく無いと言いだしたので、内縁の夫という事にもしませんでした。車は差し押さえも無く手元に残りました。(名義は彼氏のものです)

 

裁判所には合計二回行き、弁護士の先生と同行しました。特に私はする事は無く、全部やってもらった感じです。
報酬は25万で収入印紙などもその中に全部含まれた金額です。
債務整理の後は特に困った事はありません。債務整理はある意味借金返済の裏ワザですね。
勿論しばらくはカードなどは作れませんが、普通に暮らしていく分には不便は感じません。

 

働かない彼氏の為に作った借金。裏ワザがあれば・・

私の知人の話です。

 

知人は、今は経済的に立ち直り、立派に生活していますが
30代の頃はいくつかのサラ金にお金を借りていて
なんとか返済はしていましたが、ほとんどが金利の返済にとどまって
元金を返済するのは、わたしからみて、不可能に近いなと
感じました。

 

それは、グレーゾーン金利といわれていた高い金利で
お金を借りていたからです。

 

その場合、ふつうに返していたのでは、ほぼ、元金返済は無理です。
大きく稼いで繰り上げ返済を、どんとする以外は無理だと思いました。

 

しかし、そういう大きな収入をその当時の彼は稼いでいなかったため
私は弁護士に相談して、債務整理をするのがいいなと思いました。

 

そして、私は相談を受けた時に、その話をしました。
彼は、かなり躊躇していて、実行しませんでした。

 

このようなケースもあると思いますし、無理な返済を続けるよりは
信頼できる弁護士事務所をしっかり調べて債務整理をするのをおすすめします。

 

しかし、その頃にはグレーゾーン金利は裁判で違法とされており
弁護士に債務整理を頼めば、ほぼ借金は消えて、逆に過払い金が
返済されることが報道されるようになっていました。

 

そのような情報をそれとなく伝えると、彼もそろそろ返済に限界を
むかえていたのでしょう。弁護士に相談をしました。

 

やはり、金利が高すぎるということで、その日のうちに弁護士の手続きで
借金の返済はストップ。そして、過払い金返済の裁判の後に
数百万円のお金が返済されました。

 

これはほんとにすごいです。債務整理は返済の裏ワザですね!

 

国の施設を通して債務整理をしてみましょう

私の友人は、お金に困っていました。

 

ギャンブルなどではなく、単純に生活費がかかり困窮していました。
その当時はとにかく景気が悪くて、収入は少なくなり
しかし、最低限の生活レベルを下げるのは難しいものです。

 

そんなわけで、いくつものサラ金からお金をかりてしまいました。

 

お金をかりると当然ですが金利がかかります。
その金利がよくグレーゾーンといわれる高い金利でお金を借りた場合
借りた額面の倍、悪い時は数倍を返済しないといけません。
だらだらと、金利に当たる部分を返済していると、一生お金を
払い続けることになります。

 

友人もそんな生活に疲れていて、そろそろ金利を払うのすら無理に
なりそうでした。闇金にもしお金を借りたら、おしまいです。

 

そこで債務整理をすることをすすめました。
世の中にたいして疑心暗鬼になっている友人は弁護士もぐるではないか?
という感じでした。

 

私はネットで債務整理を調べていくうちに「法テラス」という
国が運営している団体をみつけました。

 

そこに登録すると、弁護士さんを紹介してくれるシステムで
経費も最低限に抑えられるといいます。

 

「国が運営」が決めてとなり、友人は、法テラスの門をたたき
債務整理がはじまりました。

 

すぐに借金の返済をする必要がなくなり、友人はほっとしていました。
今は借金もなくおだやかに生活しています。

 

国の運営している法テラスをぜひ使ってみてください。

 

債務整理預金という裏技

今回は借金がある方

 

そして

 

お金を貸している方のために

 

債務整理というキーワードについて考えていきたいと思います。

 

債務整理とは何か?

 

簡単に言うと

 

お金の大切さを再確認する機会です。

 

ちなみに

 

債務整理には3つの再確認があります。

 

1つ目は借金の減額制度

 

2つ目は借金の分割制度

 

3つ目は自己破産です。

 

お金には人や植物、建物などが描かれています。

 

そして

 

鶴が描かれているものもあります。

 

 

 

債務整理を考える時は

 

相当に苦しい時

 

誰が苦しいのでしょうか?

 

お金を借りている人?

 

お金を貸している人?

 

お金というものを作った人?

 

違いますよ

 

一番苦しいのは

 

あなたじゃないんですか?

 

 

 

違うんですか?

 

今、一番苦しいのは自分じゃないと

 

そう思われたあなたへ

 

 

 

あなた自身が

 

鶴なんですよ

 

恩返しがしたい

 

何がなんでも恩返しをするんだって。

 

 

 

あなたの心の中には

 

何億、何十億に値する

 

悲しみ、苦しみ、辛さ、嫉妬心という人間味が

 

預金されているはずです。

 

 

 

思い描くかっこよく凛々しいあなたにフタをして

 

かっこ悪い自分を貫いてまでも恩返しの心を原動力にする

 

かっこいいあなた

 

心の中にある

 

頑張ってる!の預金から

 

少しだけでも

 

お金をおろしていい時ではないでしょうか?

 

 

 

債務整理は『悪』ではありません。

 

お金に無関心なことが一番の『悪』です。

 

お金を大切にしてきたあなた

 

今度はお金から

 

大切にされる番です。

 

あなたは借金の返済で困っていませんか?
借金を返済できる裏技があるとしたら。。
もしよかったら参考にしてください。

 

債務整理に関することについて

債務整理したら借金がすべてなくなって、今日限りで借金地獄からサヨナラできると考えているとそれは間違いです。借金返済の裏ワザなんてそんなむしのいいものはありません。
債務が免責されるかどうかは、あくまで借金の状況で判断されます。
そこで債務整理の種類について、簡単に触れておきます。

 

1.任意整理・任意整理は借金が減るというメリットがあります。しかし相手によっては、一概にそうとも言えないのです。借金が減るのは利息制限法の利率を超えた貸金業者からの借金ですから、利息が低い銀行などの借金は減らないわけです。

 

2.特定調停・任意整理と同様に元金ではなく利息をカットしてもらい過払い請求も同時に行えます。違うのは裁判所を通すかどうかで、特定調停は裁判所を通じて行います。3.個人再生・自己破産はどうしてもしたくない人や出来なかった人に向いている。任意整理は貸金業者との直接交渉ですが、個人再生は弁護士などが所轄の地方裁判所に申し立てを行います。計画的に返済できる収入があって持家を手放したくないときは、個人再生しかありません。ただ残った債務の残高から返済額を算出し、100万円から最高500万円もしくは清算価値のどちらか多い方を3年から5年で分割返済していきます。4.自己破産・債務者が返済不能の状態に陥った場合に裁判所に申し立て、全財産をお金に代えて債権者に配当する代わりに、それ以後の返済を免除してもらう手続きです。返済の義務がなくなるので生活を立て直すことができます。

 

債務整理を決断することへのメリットとは何か

 

債務整理と聞くとあまり良くないイメージはあります。もちろん、債務整理というとう言葉を初めて聞くという方もいらっしゃるとは思います。債務整理は借金を返済するための裏技といっても過言ではありません。
債務整理とは一般的な解釈としてははやり負債を相殺することにより負債をなくしてゼロからスタートを始めるという事ではあります。
しかし、中々債務整理に踏み切るには勇気も必要でありますし。先ずはどこからなにから手を付ければ良いのか全く分からないという事も
あるかと思います。最近では債務整理について無料で相談に乗って頂けるNPO団体等もあります。私の友人でも最終まで悩んでどうしても
返済する見込みがなくなってしまったという事でNPOんい相談を行い。今は無事に法的手続きも行い新しいスタートを初めています。
債務整理をすると格段何か変わる事があるのかという事もありますが、実際にはそんなに大きなデメリットはないという事もあります。
大きなデメリットがあるとすればローンや信販等がしばらく借入が出来ないという部分だったり、クレジットカードもしばらくは持てない
といった程度であります。それ以外の不都合な点はほとんどありませんが、しかし、一度債務整理をすると何度も同じ過ちを起こす事は出来ませんのでその辺りは注意が必要であります。

メニュー

このページの先頭へ